2月19日(火)あそびあキッチンが行われました~!

今月は山形の郷土料理「ひっぱりうどん」とアイラップ調理で「サバ大根」を作りましたよ~♡

 

山形の郷土料理といえば“芋煮”と思う方も多いと思いますが、

実は“ひっぱりうどん”も山形の郷土料理の一つなんです!!

ひっぱりうどんとは、山形県内陸部、特に村山地方におけるうどんの食べ方の一つです。

茹で上がったうどんを釜や鍋からすくい上げ、そのまま納豆やサバ缶などで作ったタレで食べるのがひっぱりうどん。

「ひっぱる」の意味は、釜からうどんをひっぱるから、納豆の糸を引くから、など諸説があるそうです。

 

まずは衛生についてのお話から。。

あそびあランドには衛生委員会というのがあります。

毎回、衛生委員立ち合いのもとあそびあキッチンが行われ、きちんと手洗い・消毒が行われているか、食品の取り扱いが衛生的かなどをチェックしています。

これからも手洗い・消毒には気を付けて調理するようにしましょうね。

 

さて、こちらは火熾し部隊!

なかなか火がつかず苦戦中。。。

なんとか火がつき、大きい鍋二つにお湯を沸かします。

なぜか煙に立ち向かうAくんの姿が…(笑)

こちらでは大根を洗って切ってサバ大根の準備開始♬

 

 

切った大根と、サバ缶は汁ごと全部一緒にアイラップに入れます。

醤油とめんつゆで味を整え、空気を抜いて結びます。

 

あとは沸騰したお湯に20分ぐらい入れて煮るだけ!

 

こちらではなんで泣いているのかな??Rくんの姿が。。

そこにどうしたの?と言わんばかりのMちゃん♡

次に、なにも言わずティッシュを持ってきて涙を拭いてくれたKちゃんの姿が♡

子ども同士で関わりあえるって素敵ですね♡♡

 

もう一つの鍋もお湯が沸いたのでうどんを煮ます。

 

 

こちらではかくれんぼ中の3人の姿が・・・

これでも隠れているつもりだそうです(笑)

 

 

よーし!うどんもサバ大根も完成したのでいただきまーす!

ひっぱりうどんのタレは自分の好きなように・・・♡

卵と納豆、ねぎで食べる人。サバ缶、納豆で食べる人などなど・・・

初めてひっぱりうどんを食べる方もいましたよ(*‘∀‘)

 

 

アイラップで作ったサバ大根は皿に移さず、袋ごとどんぶりに入れて、袋を開けたまま食べます。

お皿を汚すこともなく、洗う必要もありません。

震災やなにかがあって水が使えないとき、とっても便利なんです!

また、サバ大根を茹でたお湯も、そのままひっぱりうどんを煮るお湯に再利用!エコですねぇ~

ぜひ、お家でも試してみてくださいね(^^)/

 

まだまだ遊び足りないKちゃんは雪山をコロコロ転がるのにはまっています♡

体全体を使ってダイナミック~☆☆

 

他のみんなもお腹いっぱいになったようで遊び始めました♡

 

 

みんなが食べている間もずっと遊んでいたNちゃんが「おなかすいた~!」とママのもとへ・・・

子どもの「やりたい!」を優先してくれるママに拍手!!

ここまで遊ぶと、ご飯も格別!ご飯を美味しく食べるには、腹ペコが一番のスパイスです。

こちらではおしゃべりを楽しむママたちの姿も♡お子さんを連れていないお母さんもいるんですよ(*^^*)

ママも子どもも「やりたい!」を楽しんでいきましょうね(^O^)

 

かれん🐟