あそびあランドに雪が降ると子ども達によるカマクラや雪像づくりなどが毎年のようにおこなわれます。
そんな中でも面白いのが、雪のブロックを大量に作って建てる壁。
・・・「壁?」
どんなものか作る工程から見てみましょう!

まずはコンテナに雪を詰めていきます。

上から強く推してギュウギュウに詰めるのがポイント!ここで手を抜くと完成した時に崩れやすくなるそうで気合の入りどころ!!

次に協力して運んでいきます。

ギュウギュウに詰めたもんだから重たいのなんのって!しかし、ソリの活用法はお手の物の子ども達には大した問題ではないようです。

積み上げはさすがに大人の手を借りますが現場監督は子ども達!
気合の入った指示を飛ばす子ども達に大人も素直にしたがってしまいます。

完成!!!

この壁はお父さん達がイグルー作りを発案したのが始まりです。
お父さん達がせっせと作業してる姿を見た子ども達が技を盗み、子どもから子どもに引き継がれている遊びなのです。

今のところ壁で精いっぱいみたいですが・・・いつか家一軒建ててしまうつわものが現れるかもしれません!!