1/21(火)のあそびあキッチンでは、納豆汁とアイラップでご飯を作って食べました。

山形では1月7日に、春の七草がゆの代わりに納豆汁を食べる風習があります。

雪深い山形では、春の七草が1月7日にはまだ生えないからのようです。

 

まずはアイラップでごはんを炊く準備!

耐熱性ポリ袋「アイラップ」にお米とお水を同じ量入れ、

空気が入らないようにして上の方で結びます。

計量カップがなくても、その時にあるコップやお椀などでもできるので、災害のときにも役立つ調理法です

 

こちらは納豆汁の準備。

子どもたちもみんな、楽しそうに食材を切っています。

 

これなんだかわかりますか~?

 

里芋の茎を茹でて干した「芋がら」です。

山形の納豆汁に欠かせない食材なんです!

 

納豆汁の素と今回は、ひきわり納豆をつぶして加えました♫

 

 

すりこぎで潰すと、より納豆の風味を感じられます。

 

子どもたちは思い思いに遊びます

 

お椀に雪を盛って~

 

シロップをかけてかき氷!?   見てるだけで寒いよ~~Σ( ̄□ ̄|||)

 

完成~~

 

 

あったか~い納豆汁とごはんで、体の芯からぽかぽかに。

 

 

焼き芋屋さんで~す。

 

納豆汁を食べながら、ママたちの出身地の郷土料理の話題に(^^)

福島、青森、新潟、長野、鹿児島・・・

いろんな料理、みんなで作ってみたいね!

ママの”やってみたい”もかなえながら、みんなで素敵な時間を重ねていきましょう。

 

次回は2/18(火)です。

あそびあランドでは月に1回第3火曜日に、

未就学児を持つ親子を対象とした、あそびあキッチンを開催しています。

あそびあキッチンでは、子どもの育ちに大切な、あそぶ・くう・ねるを大切にしています。

また、親が繋がることで、子どもの育ちをみんなで見守る環境を作りたいと考えています。

私たちが「あそびあキッチン」で大切にしていることはこちら

⇒ http://www.asobia.jp/asobiba/1128-2/

 

みく