あそびあランドでは、10月から2月までの土曜日は、プレパであそぼう!ということで、冬のあそびあを楽しんでいます。

プレパであそぼう!のチラシはこちら ⇒ プレパだより12・1月号 

今回は、あそびあランドの田んぼで作ったお米を、アイラップで炊いて食べました(*^^)v

火をたくよと言ったら、子どもたちがパパっとつけてくれました。やるぅ~。

小さいうさぎさんもじぃ~っと見ています。「ぼくも、すぐ、つけれるようになるやい!」

 

それではアイラップ調理のはじまりはじまり(^O^)

ところでアイラップって知っていますか?

耐熱性ポリ袋アイラップ。山形ではごく普通に使われているのですが、他県ではないらしい・・・

でも、耐熱性の袋ならできるかもしれません。

それではまず、アイラップに名前を書きます。自分で作ったご飯は、自分で食べてみましょう。

そうしたら、お米とお水を同量入れます。一枚の袋には多くても2合かな。お米は膨らむので。

入れたら袋の中の空気を抜いて上の方を結びます。

 

それを、大きな鍋で沸かしたお湯の中に入れます。そうして40分。

倍ぐらいに膨らんで、ご飯ができあがりました。

家族で持ってきた、ご飯のお供でいただきま~す!

私は塩昆布、僕はふりかけ。塩もおいしいよ(*^▽^*)

 

でも、な~んにもなくてもパクパク、ばくばく、箸?が止まりません。

 

お母さん方も、こんなにおいしいとは思わなかった!とびっくりしながら食べていました。

アイラップ調理は、大きな鍋に入れる水は川の水でもプールの水でも大丈夫。

ご飯と同じ量の水さえあればご飯がたけます。災害時にも役に立ちます。

私たちも、赤十字の方から教えていただきました。

知らずにあそびあに来て、途中から参加した親子。

アイラップ調理も当然初めて。

出来上がったご飯を、お塩で食べようとしていたら・・・

「これ良かったら・・・」

先に食べ終わったお父さんが差し出してくれたのは、紙コップに入れた塩昆布!

あそびあ米で、優しさも繋がりますね。

あそびあランドの中には、田んぼや畑があります。

みんなで耕してみんなで植えて、みんなで草取りをして、収穫して食べます。

来年もいろいろ作るので、参加してくださいね。

田植え、稲刈り、たねまき、苗植えなどの情報は、ホームページに載せますので、チェックしてください。

次回は、あそびあランドのクリスマス会。無料で参加できます。お楽しみに(^o^)丿

日時 12月22日(日)10:30~

場所 あそびあランド南側あたり

あそびあのおばちゃん ほそや